スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

in VOGUE

invogue2.jpg 


お世話になっているお店、
VOGUE のアカリちゃんより
納品したバッグの店頭写真が送られてきました。(有難うゴザイマス!)
お店が素敵なので、なんだか品良く見えるのが不思議です。

オスマシして並んでいる姿に、母感動です。涙。

クラッチバッグはパーティやお出かけは勿論、普段使いでも使って頂きたい!
チュールつきトートは甘々コーデに合わせて欲しいバッグです。

どちらものテキスタイルも、かなり素材に凝った染織の生地になっていて
ガシガシ使う感じではない繊細なテクスチャですが
手織りでしか表現できない一点ものですので
是非お手に取って頂けると嬉しいです。

使用している糸の質感や色味も、熟慮しているのですが
副材料の部分でも、本当に良い質のモノをあわせています。

正直いいますと、プライスからは
「量産やビジネス」ではあり得ないクオリティーのものを使っているのですが
誰にでもわかることでないにしろ
自分が納得できるものを作りたい、という気持ちが強いので
諸先輩の方等に素人感覚と言われたとしても
ゆずらないでやっていくのも、また、一つの道だと思っています。
(お客様のご要望には柔軟にお答えしてしていますヨー)


leonidas_20120624190708.jpg


VOGUEさんよりいただいた、大好きなチョコレート。
しかもレオニダス!

毎日一粒ずつ、幸せを味わいました。
レオニダスは札幌に店舗がないので、初めて食べました。
濃厚かつ、適度にボリュームもあるので、とても満足感があります。
ご馳走様でした!
スポンサーサイト

ビッグリボンのクラッチバッグ



vbagin440.jpg


展示会にて別注オーダーいただいたバッグが出来上がりました。

このデザインは先月の合同展示会GIRLSにて出品した
秋冬のクラッチバッグのデザインで
春夏向けとして型はそのままに
配色や素材ALLお任せでオーダーして頂きました。

個性的なものを好む、オトナの方が多いという今回のお取引先VOGUEさん。
色々お話を伺って、デザインを決めました。
オレンジ系のカラフルボーダーで程よく個性的に。
共布はオトナの方がさり気なく持てる、シルクをチョイスしました。

アンバランスなビッグリボンがドーーンと自己主張をしたクラッチバッグです。

もちろんライナーも抜かりなく、レディの嗜み、レース付き。

今回はもう一点、トートバッグも店頭に並ぶ予定です。
どうぞお店で、お手に取ってご覧いただけると嬉しいです。


VOGUEさんのご紹介…

vogue1F.jpg

1935年、新宿区若松の地において洋服の仕立を始め
2000年代にケーキや焼き菓子を提供してきました。
現在は、住空間を楽しく演出する雑貨コーナー(1階)と
ファッション小物やオートクチュール(2階)を扱うVOGUE Atelier
賑やかな雰囲気でお食事・スウィーツを提供する
Cafe Vogue Rubyのふたつがメインです。


歴史あるお店にしかない風格と
古き良きPARISのような趣きある優雅な空気。
趣味のよいセレクトと、美味しいスイーツ。
オートクチュールのクオリティーを愛するお客様。

憧れのお店だったVOGUEさんとお仕事ができることになりました。
この秋冬からは、もう少しだけ本格的に展開させていただける予定です。


駅からアクセスも非常に良いので
ぜひ優雅なパリの雰囲気を味わいに、お立ち寄り下さい。
(6/21からgashima-reのAW展示会も行われますよ!)

Vogue Atelier & Vogue Ruby
東京都新宿区若松町28-6
TEL 03-3202-8665
日祝休 11:00~20:00

☆地下鉄大江戸線若松河田駅 若松口左ヨコ


店頭での販売は相当久しぶり、になります。
近年は個展形式の展示会とウェブ上での販売と受注をしていました。

私が作るものは
オーナーの方に惚れていただかないと、なかなか難しい分野のモノであり
そしてテイスト的にも、なかなか合うお店が見つからなかったということもあり
そのような販売の形をとっておりました。

今回は嬉しいご縁で、お取り扱いが決まり
今後の展開も含め自分でもワクワクしているところです。

今後も右往左往しながら、色々なご縁を探しつつ
個展という形での作品展示も続けていこうと思っています。

ステキなコクチ、PART2

f0071958_16101349.gif
f0071958_16133191.gif


お友達のニット作家、gashima-reのふみちゃんが
新作の展示・受注会を東京の2ヶ所で行うそうです!

いつものとおり、胸キュンなDMに心が躍ります。

わたくし、残念ながら直接は見られないのですが
関東地方にお住まいの方、旅行で行かれる方
ぜひぜひ足をお運びください。

『カワイイ』という形容詞だけでは語ることの出来ない
gashima-reのクリエーションは
きれいごと、だけではないこの現実の大人の女の内面を表現してくれる
甘くて苦い、魅力的な一匙のように感じます。
そして、多分捨てきれない『女の子』という言葉へのいじらしい固執を
鮮やかに現実に表現してくれる、洋服なのです。


いわゆるカワイイものというのは
ある程度の形、色、素材、ストーリーの組み合わせで
それなりに可愛らしくなってしまうものなのですが
それに甘えることなく
独自の価値観で表現される、女の子の心髄を捉えた
ホンモノのニットです。

それをずっと続けているスタンスもすばらしいと思います。

私は続ける、ということからうまれるものを信じている人間なので
余計にふみちゃんの洋服に惹かれるのかもしれません。


vogue.jpg

gashime-re A/Wコレクション、6/21からの展示会場のVOGUEさんの店内。
この秋冬から私もお世話になります。

すてきな夜のお誘い

ennuilive.jpg

カフェエスキス キャンドルナイト特別企画
「ギターデュオ“アンニュイ”ミニコンサート」
Guitar duo "Ennui" mini concert
「ギターデュオ“アンニュイ”ミニコンサート」
~キャンドルの灯りの中、静かに紡がれるギターの調べ~

三谷幸久、三谷良典の兄弟ならではの息のあった
ギターデュオによるアコースティックなミニコンサート。
叙情的で緊張感のある二人の演奏は、ジャズでもクラシックでもないイマジネーション溢れるオリジナルの楽曲です。
キャンドルの灯りの中、珈琲を片手にギターの調べに耳を傾けながら素敵な夜をお過ごし下さい。

◎日時 2012年 6月21日[木]
◎開演 20:00~ (開場 19:30~)
◎料金 ¥1,000 〈1ドリンク付〉

《予約優先》
※ご予約が満席になった場合は受付終了となります
※ご予約・お問合せは前日までに店頭またはお電話にて
※18:00~19:30までの間は準備のため入場できません
※開演中はフードメニューはストップしております

[演奏者]
2010年ギターデュオ、Ennui(アンニュイ)を結成。独自の楽曲と兄弟ならではの息のあった演奏で札幌を中心に活動中
三谷幸久(Yukihisa Mitani/兄): クラシック、アコースティックギター
三谷良典(Yoshinori Mitani/弟): アコースティックギター

[さっぽろキャンドルナイト公式サイト]
http://www.sapporo-candle-night.com/2012/
~以上、カフェエスキスさんのサイトより~


ennuipro.jpg


札幌で活動しているギターデュオ、Ennuiが6/21の夜
私もお世話になっているカフェエスキスでミニコンサートを行います。
この日は「さっぽろキャンドルナイト」というイベントで
キャンドルのほのかな灯りがともる中、美味しいコーヒーを味わいながら
想像力あふれるEnnuiの音楽にひたれる、という
五感を満たすことができる贅沢なイベントになりそうです。

ご縁があり、わたしもすっかりEnnuiの音楽に引き込まれ
先日は新しいCDの音録り現場にもお邪魔して、生で演奏を聴かせて頂きました。

テクニックは勿論、磨かれていると思いますが
私は感性で聴く音楽、パーソナルな部分に訴えかける音楽だと思いますので
是非「自分だけの、大切な、何か」を持っている方に聴いて頂きたいです。


この札幌というところで
若くしてこの手の音楽を
高いクオリティーをもってされている
デュオがいるというのは
本当に嬉しいことです。


是非LIVEで、Ennuiのサウンドに触れてみてください!
私も予約しなくては!!


ギターデュオ Ennui(アンニュイ)のサイトはこちら
http://jp.myspace.com/ennuimy

カフェエスキスさんのサイトはこちら
http://www.cafe-esquisse.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。