スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルでチアフル




台湾のトロピカル、亜熱帯な色が印象深くて
今、作品にもそんな印象を織り込んでいます。

織ってみたいものが色々とむくむく湧いているので
自分でもわくわくしているところです。

亜熱帯な土地の色と、アジア独特の色使いと空気感が
北海道人、北国の人間の目には新鮮でした。


CA3J0107_con.jpg

マーケットにて。
人、モノ、匂い、音、色のミックス。


寺廟の瓦屋根の色が目にとびこんできました。

tyane_con.jpg

tosonae2_con.jpg

日本の仏花もハデだけれど、台湾のお供えの花も超カラフル。
仏花のドハデな色って実は嫌いじゃないのですが
台湾のもかなりいい感じです。

ttarai_con.jpg

寺廟の横に、置いてあったタライ?お皿?置き場。
チャイナレッドが鮮やかです。
なーんか縁起がよさそう。


下は野に咲いていたお花。
なんともいえない赤・ピンク・オレンジ・黄色のグラデーション。
お花の名前はわかりませんが、南国のアジサイといった雰囲気。

tflower2_con_20110515183940.jpg

tflower_con.jpg

水盤に浮かぶお花。
何気ないように見えてセンスいい~。
これは華陶窯というところを見に行った時にあったものです。
見たことがない亜熱帯植物が、広い敷地内に茂っています。

聞こえてくる鳥のさえずりも不思議と華やかで、アゲハ蝶も
こんなに沢山いっぺんに見たことないよ!という程いました。


ホテルの部屋についていたティーパックも心なしかカラフル!

ctea.jpg

…赤つながり、でコンサ、2-0勝利。
完封は気分がいいですね。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。