スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕立て前のバッグたち



オーダーを頂いた2点。

1点は(左)は、織りあがった生地をご覧いただいて制作のご依頼を受けました。
ただ、ご希望の大きさには生地の大きさが足りなかったため、手織りで生地の制作から承りました。
染めてあった糸にもちょうど良い色があったため、ご覧頂いた生地とほぼ同じイメージで織りあがりました。
ブルー、グレーにネオンイエローを効かせてみました。
画像では分かりにくいですが、ギラギラのメタリックなシルバーラメを大量投入しています。

もう1点は(右)、長財布が入る大きさで作って欲しいというオーダーでした。
既存のプチバッグの大きさが微妙~に長財布が入らない大きさだったので、4cmほど大きくお作りすることに。
複雑に細い糸を組み合わせて織りあげた布は、ボルドー×ブラウンにターコイズをアクセントにしました。

合わせる口布(MOKUBA社のリボンを使用しています)の色や中袋はお任せで…
選ぶリボンの色で印象が変わるので様々な色を合わせて検討します。

口布の色が決まったら、ファスナーの色を決めていきます。
ファスナーの耳の色もまた、重要なデザインの一部になりますので、手織り布+リボンを組み合わせた状態で選びます。

中袋は最近、上品に見えるシャンパンベージュを選ぶことが多いです。

縫製に使用するミシン糸もパーフェクトに色合わせをして縫製をしていきます。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。